本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


ノーダルポイントの見つけ方

 円筒パノラマQTVR(Cylinderical QTVR Panorama Movie)だと割と大雑把で済む撮影も、CubicVR用撮影の時には厳密さが要求される撮影・・・何が一番大切かと言えばそれは「ノーダルポイント」!ノーダルポイントとはレンズ内の焦点中心のことです。これを探し出してカメラマウントの回転中心軸と一致させると、上下左右に撮影してもブレることのない中心から撮影することが出来るので、写真のステッチの際の微調整作業を限りなく減らす事が出来ます。但しこのノーダルポイントは、各カメラ/レンズによって変わりますので、撮影者各自で設定する必要があります。

 「360Precision」のように最初からノーダルポイントの設定も出来上がっているカメラ/レンズ固定のマウントならいざ知らず、殆どのQTVRマウントは自分で調べなければなりません。では、どのような方法があるのでしょうか?オンライン上で紹介されている代表的な方法を見てみましょう。


 基本的には、次のような作業になります。
 カメラの装着は、左右位置に関しては最初から厳密に合わせ、前後の位置は“ある程度”の見当で合わせてカメラを装着して下さい。パノラママウントの隣同士のステップ(20°〜 90°)で撮影してみて、その中の被写体の位置にズレが無いか調べてみて、その結果で前後位置を微調整するのが一連の作業です。
 最初はかなりズレていると思いますので、カメラ位置を前後して何回も調整して撮り直してみて下さい。被写体の位置がズレない場所が間違いなく1点あります。そこがノーダルポイントとマウントの回転軸が合った場所です。そこの場所に印を付けておけば、いつも変わらない綺麗なQTVR撮影ができます。


 一番手っ取り早いのは、適当に撮影して、その場にある被写体によって調べる方法です。
How to Find Your Camera's Nodal Point (Kaidan)
http://www.kaidan.com/nodalpoint.html
Using a panoramic head (Panoguide)
http://www.panoguide.com/howto/panoramas/setup_panohead.jsp


 もっと厳密に調べ上げる場合には、QTVR業界では以前から知られている、乾電池2コを用意した調整方法があります。
Nodal Point (360Texas.com)
http://360texas.com/tips/nodalpts.htm
この調整方法を実践してそのレポートを出してくれているのは、「稲城パノラマビュー」でこのブログでもお馴染みの横谷恵二氏のブログ「PANORAMA REview」です。
PANORAMA REview: ノーダルポイントって何だ?
http://www.inagi-view.com/cgi/mt/archives/2005/05/n_point.html


 更には、金網を使った調整方法を提案しているサイトもあります。こちらもQTVR業界ではかなり知られた方法です。
OUTLINE Graphic Designers - La Grille / The grid
http://www.outline.be/quicktime/tuto/
 QTVRにとって一番苦手な格子状の被写体に対して、ノーダルポイントの調整の時点から取り組んでみようという方法で、面倒だとは思いますが、かなり詳細に調整することができるので、恐らく一番正確に知る事が出来ると思います。
 PDFファイルのマニュアルになっているので、ダウンロードしてじっくり読んでみる事をお薦めします。


 そして最後に、日本独自の方法から。
 誰かがやるだろうとは思っていましたが、実際に実行している方が居るとは!建築現場でよく使われる、垂直・水平レーザー墨出し器を使う方法でした。それを独自に改良して発表している方が居ました。神戸を中心に精力的な活動を行っているQTVR愛好家・山道正男氏のウェブサイト「来る来る神戸」で、細かい設定が紹介されています。
私のQTVRの制作手順 (来る来る神戸)
http://yamamichi.no-ip.com/etc/undai/undai.html
 厳密さで言えば、乾電池と金網のちょうど中間と言ったところでしょうか?写真の多さもあって、とても分かりやすい解説になっています。


 QTVRパノラマの制作を始めるにあたってまず最初に行う準備ですので、上記サイトを参考に、面倒がらずに調整してみましょう!
 これをする/しないが、後々の写真のステッチに大きく響きますよ!



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。