本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


Dynascan

情報元は、PanoToolsメーリングリストの投稿記事からです。
本日ご紹介する出力デバイスは、もしかしたらQTVRには向いてないかもしれません。しかしパノラマ的発想で考えると、とっても楽しくなってくるディスプレイモニタです。QTVRへの応用も考えられるんじゃないでしょうか?

屋内外で利用できる360°パノラマディスプレイ「Dynascan」です。

DynaScan
Welcome to DynaScan
http://www.dynascan.com.tw/

サイトを訪れると、そこかしこにディスプレイ例が随所にちりばめられていて、その臨場感が体験できます。
また、デバイスのI/Oチャートもサイトにあったので拝借してきました。

DynaScan

公共施設での広告などに威力を発揮するデバイスですが、おもいきってCylindericalQTVR(円筒QTVR)をグルグル回すだけでも、かなり効果ありそうですねぇ...どんな場面で使うか、かなり限定されそうですが(苦笑)。かなり大きな物体になるので、それなりにお値段は張りそうですが、この視覚効果による広告価値はかなり高そうです。
それにしても、台湾のIT企業って勢いありますね〜。こういう完成度の高いヘンテコガジェットを作らせたら、今や世界一ちゃいますか?!

QTVRクリエイターの需要が見込めるデバイスの一つとして、誰か広告代理店なんかに提案してくれへんかなぁ...。



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。