本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


Nodal Point & Pupil Point Table for SIGMA Lens

以前SIGMAのレンズをQTVR制作用に購入した時、ノーダルポイントのデータを既に調べている人が居るんじゃないかと思っていろいろ検索していたら、とんでもないものを見つけました!
それが、コレ。

Nodal Point & Pupil Point Table for SIGMA Lens
Nodal Point & Pupil Point Table(PDFファイル直リンク)
http://www.sigma-foto.de/cms/upload/downloads/informationen/Nodal_point_fixed.pdf

SIGMAのドイツ法人に勤務する光学の部所の保科さんという方が2005年に作成したもの・・・のようです。あくまで想像です。
PDFを見ると、そんならしい署名が明記されています。

で、驚くべきはそのデータ。
SIGMAがリリースしている自社レンズの、全てのノーダルポイントとピューピルポイントが全て載っています。
(ところで「Pupil Point」って何ですか?不勉強ですみません、どなたか教えて下さい>ALL)

世界中のQTVRクリエイターが愛用する8mmF4円周魚眼や12-24mmF4.5-5.6EX DGを始め、広角/標準/望遠を問わず、単焦点/ズームを問わず全てのデータが載っていますので、SIGMAレンズユーザにとっては夢のようなデータシートではないでしょうか?今迄どこにあるのか見当がつかず、ファインダーから見える像で勘を頼りに探っていたノーダルポイント探しが、このチャートを参考にすることによって格段に省力化できますね(ボク自身、これが大変役に立ちました)。このチャートを作成して下さった保科さん、本当にありがとうございます。全てのQTVRクリエイターに代わってお礼が言いたいぐらいです!(笑

ちなみにSIGMAの保科さん、連絡を取りようにもどこにいらっしゃるのか全然わかりません。ネットに落ちていたということで公共に公開されていると判断し無断転載させていただきましたが、どうかご容赦くださいませ。そして名乗り出てくださいましたら、本当にありがたいのですが・・・どなたか、お知り合いの方、いらっしゃいますか?(って、他力本願かよ!<俺)



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。