本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


メーカーに直接、ノーダルポイントデータを訊きました!:SIGMA編

昨日のNikon編は余りにも悲しい結果に終わってしまいましたが、気を取り直して次に進みたいと思います。
本日お送りするのは、SIGMA編です。
このブログでも以前ご紹介しましたが、何たって、全てのレンズ製品のノーダルポイント/ピュピルポイントをPDFリストで非公式リリース(とは言え、このブログでの掲載許可はあっさり簡単にくれました)している会社ですから、もう本当に太っ腹でございますヨ!基本的にこの手の技術情報は、SIGMAにとっては開示情報なんですね。

そんなことなんで、以前ご紹介したリストを再度掲載したいと思います。
Nodal Point & Pupil Point Table(PDFファイル)
http://www.sigma-foto.de/cms/upload/downloads/informationen/Nodal_point_fixed.pdf

ところでこのリスト、どうやら最新のレンズには対応してないんですね。なので我らが必須レンズの最新バージョン「8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE」が載っていません。そこで最低限、このレンズ情報だけでも欲しいとSIGMAに尋ねましたら、速攻で返事が返ってきました。

>8mm F3.5 EX CIRCULAR FISHEYEのNODAL POINTは、
>前側主点:87.4mm
>後側主点:8.1mm
>上記数値はフィルム面からの値、レンズ先端(被写体)側に向かって符号はプラスになります。

さすが、SIGMAは太っ腹でした!(笑
そして何より、SIGMA8mmF4に比べて若干の数値の違いがありましたね。この微差が分かっただけでも、この企画は80%成功かな、と。

さぁ、次回からはマイナーレンズばかりが登場します。他のメーカーさんの返事がどうなるか、ワクワクドキドキです。乞うご期待!

■SIGMA
・8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE
・15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
・10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM









記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。