本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


オリンパスのパノラマ技術「フルハイビジョンで全方位動画像の撮影・投影が可能に」

去る11月19日にリリースされていたオフィシャルニュースから。
以前このブログでもご紹介した水平360°パノラマ撮影レンズを用いて、オリンパスがそのテストモデルとなる製品を発表しました。
なんとフルハイビジョン投影が可能なププロジェクタなんだそうです!

〜 当社開発の「軸対称自由曲面レンズ」を応用し、さらに高解像で画角を広げたカメラとプロジェクターの試作機を開発 〜
〜 当社開発の「軸対称自由曲面レンズ」を応用し、さらに高解像で画角を広げたカメラとプロジェクターの試作機を開発 〜
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2007b/nr071119hdproj.cfm

フルハイビジョンで全方位動画像の撮影・投影が可能に
〜 当社開発の「軸対称自由曲面レンズ」を応用し、さらに高解像で画角を広げたカメラとプロジェクターの試作機を開発 〜

オリンパス株式会社(社長:菊川 剛)の未来創造研究所(所長:遊佐 厚)は、当社で開発した「軸対称自由曲面レンズ」を応用し、全方位(水平画角360°、垂直画角50°)の動画像をフルハイビジョン(走査線1080本・インターレース方式)で撮影・投影できるカメラとプロジェクターの試作機を開発しました。

この試作機は2007年7月に発表した「軸対称自由曲面レンズ」2を、本レンズを含む結像光学系(レンズ群)と共に最適化し、さらに高解像かつ画角を拡張しました(従来は走査線760本、垂直画角45°)。

今後も、未来創造研究所のコンセプトである“心と体の生き活き”を実現するために、臨場感ある映像が人々にどう安らぎを与えるかといった映像技術の研究を進めていきます。


まぁスゴイこと!あの小さい機材からこのようなパノラマ環境を作ることが出来るのは、非常に有意義ですね。
この前の三菱電機の超巨大パノラマ映像装置と比べると...しちゃイカンな(多分ターゲットがぜんぜん違うもんね)。

写真をご覧の通り、360°プロジェクタになってます。でもレンズ形状のせいか、スクリーンの下半分はやっぱりボケてますねぇ。仕方ないよな、やっぱり。それにあの小さい形状から投影するので、どうしても投影距離が限られてしまうような気がするのは、ボクだけでしょうか?
それと垂直画角は50°より広がらないのでしょうか?せめて90°ぐらいあったら、かなり優秀なVR環境が構築できるのですが...何せ相手はレンズなので、開発の難易度はミラーの比では無いでしょうが、もう少し頑張って欲しいものです。

それでも、従来のパラボラミラーでは成し得ない様々な用途が今後も展開されそうですね。オリンパスさん、本当に期待してます!




12/8(土)16:00〜17:00 ぜひお越し下さい!親睦会の参加申込もこちらからどうぞ
QTVR Diary 〜OFFLINE〜 vol.1



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。