本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


ちょっぴり新しいパノラマVRウェブマガジンの手法

イギリス在住のスペイン人写真家Rodrigo Alarcón氏が、パノラマ系メーリングリストに自身で投稿していたネタから。
(先行してコチラに掲載されています...先を越されてしまった)
彼のポートフォリオサイトには、Flashで作られたウェブマガジン形式のパノラマコンテンツが多数掲載されていますが、その最新作の登場です。


Virtual Tour of Cambrils, Spain
http://www.360panoview.co.uk/CambrilsMagazine/index.html

ウェブマガジン風インターフェイスを実現するFlashのプログラムライブラリは多数存在しますので、本作品も独自開発ではなく、そのどれかを利用してるのだと思います。
面白いのは、普通は下端にしかめくるところが無いのが、上端にもあるところ。これが意外と便利でした。また外部JavaScriptと連動させているところも見所ですね。Flash内部で完結させてないので、導入は難しそうですが、いろいろと使い勝手はありそうです。どこに落ちてるのかなぁ...探してこなくちゃ(苦笑)

パノラマVRの方は、FlashPanoramaPlayerを素のままで使用。インターフェイスの部品もデフォルトのものを使用しています。

他の作品も、これとは違うライブラリを使って、様々な見せ方を実験しています。

Florence

Miscellaneous

正直、サイトのデザインは大したこと有りませんが、プレゼンテーション方法を探るのに覚えておいても良いと思います。
パノラマ作品を作った後のことを考える時、デジタルでの手法は間違いなく、FlashライブラリやJavaScriptライブラリを駆使することになります。
そんな時の"見せ方"の参考にされてみては如何でしょうか?

このブログでも幾つかウェブマガジン形式の見せ方をお伝えして来ました。過去のエントリーからじっくり参考にしてみて下さい。



2008年12月13日(土)15:00〜16:30 参加無料のイベントです。お気軽にお越し下さい!
親睦会(参加費8,000円)の参加申込もこちらからどうぞ

QTVR Diary -OFFLINE- in TOKYO



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。