本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


iPhotoでパノラマフォトブックを作ってみませんか?

iPhoneユーザーにMacをオススメする理由、それは「iPhotoで写真を管理することができるから!」と答えることが、非常に多くなりました。
それほどまでに今のiPhoto'09は、iPhoneとの親和性が非常に高く、撮った写真のフォルダ化などは全てiPhotoで全て行うという徹底ぶり。まるで音楽の管理をiTunesでやってるかのようです(そして、それこそがAppleの目指す"デジタルハブ"構想なのだと思います)。
...の割には、iPhotoのWindows版は出さないのでしょうか?有料ソフトにしたとしても、売れると思うんやけどなぁ。

さて、そのiPhotoなんですが、意外と使っていない機能に「iPhotoプリントサービス」があります。

アップル - iPhoto - フォトブック、カレンダー、カードを作ろう。
http://www.apple.com/jp/ilife/iphoto/print-products.html

ボクらパノラマ屋が、自分の作品を簡単にポートフォリオ化して持ち運ぶことが出来たら、とっても簡単だと思いませんか?
普段だったら、写真品質のプリンターで出力して、クリアファイルに挟んで持ち歩くことになりますが、もって簡単な方法は無いものでしょうか?

そこで今回は、このiPhotoを使った簡単"パノラマフォトブック"の作り方をご紹介!

  1. スティッチしたパノラマ画像をiPhotoにドラッグ&ドロップして、読み込ませる。
  2. 読み込ませる写真群をアルバムとして保存しておく...と便利(写真全体から読み込ませることも出来るけど、枚数が多いと選択時のスクロールが面倒かも)
  3. 画面下にあるプリントサービスのアイコンから「ブック」を選ぶ。
  4. ブックのタイプを選択する。大きさや価格で選択する。ページの追加は後からでも出来る。
  5. ページを繰りながら、テンプレートの灰色の部分に写真をドラッグ&ドロップしていく。
  6. 背景の設定やページ内のレイアウトの変更などは、下のアイコンから変更することができる。
  7. 一通り出来上がったら、「ブックを購入」ボタンをクリックして、実際の購入ページ(Appleのウェブサイト)に進む。

とまぁこんな感じです。

実は、先日友人の結婚式でパノラマ撮影を頼まれたとき、別にスチル写真も撮っていて、それも合わせて、このフォトブックを作って上げました。
勿論、ブックの真ん中辺りの見開きいっぱいに、パノラマ画像を載せたのは言うまでもありません。

とっても喜んでもらえたようで、良かったです。

で、こんな話をしていたら、最近Twitterで特に仲の良い「Digital Wackeys」の高松勝範さんが、自身のポートフォリオになる作品を作ったそうです。


iPhotoからオリジナル写真集を製本 - Digital Wackys Blog
http://d.hatena.ne.jp/d_wackys/20091122/1258868614

イイ感じでしょ。
Equirectangular画像は縦横比2:1なので、レイアウト時に縦方向にトリミングする必要がありますが、惑星画像などはやっぱりうまくフィットしますね。

ブックの他にもカレンダーも作れるようで、今も丁度年末ですし、来年のカレンダーを試しに作ってみようかなと思ったりします。
Macユーザーの皆さん、ぜひお試しになられては、いかがですか?



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。