本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


ソニー「bloggie MHS-PM5K」で撮ったパノラマドーナツ映像を、パノラマVRムービーにしよう!(Part.1)

去る2月5日に日本国内でも発売され、いろんなところでも話題に登るようになった、ソニーの新しいモバイルHDスナップカメラ「bloggie」ですが、皆さんもうお手元にありますか?!

このブログでは、皆さんよりひと足お先にソニーさんから実機をお借りして、その使用感を、付属の「360パノラマレンズ」に注目してご紹介しました。

撮ってきた映像は既にYouTubeにUPしてありますので、ご覧いただくことが出来ます。

他にも、bloggieで撮ったサンプル動画は以下の通りです。

□ YouTube : bloggie「360パノラマレンズ」撮影サンプル(1)
□ YouTube : bloggie「360パノラマレンズ」撮影サンプル(2)
□ YouTube : bloggie「360パノラマレンズ」撮影サンプル(3)
□ YouTube : bloggie「360パノラマレンズ」撮影サンプル(4)
□ YouTube : bloggie「360パノラマレンズ」撮影サンプル(5)
□ YouTube : bloggie「360パノラマレンズ」撮影サンプル(6)
□ YouTube : bloggie「360パノラマレンズ」撮影サンプル(7)


さぁ、そして本日のお話は、これらの動画を使って、パノラマVRムービーに変換する方法をお話しようと思います。特にMacユーザーには朗報です。

bloggieに付属している映像・写真管理ソフト「Picture Motion Browser(PMB)」では、付属の360パノラマレンズで撮影した水平360°全方位パノラマが撮れているドーナツ型の映像を、横長の円筒パノラマ映像で見たり、動画パノラマVR(MotionVR)として見ることが出来る、非常に便利なツールです。然し乍ら、これ、Windows専用ソフトなんですよねぇ。VMWareFusionなどの仮想化ソフトでも使えないという、Macユーザーは悲しい現実を突きつけられてしまいます。

しかしそんなことでヘコたれてる場合じゃありません。
ボクらパノラマ屋は、既にいろんなソリューションを持っていますし、使っています。
これらを駆使して、何とかこれらパノラマVRコンテンツへ変換できないか、探ってみました。
最後には、誰でも簡単に、bloggieのドーナツ映像を、パノラマVRコンテンツとして、ご覧いただくことが出来るようになりますよ!


さて、ワンショットミラーを公私共に永らく使ってきたボクには、MotionVRオーサリングツールの決定版というものを持っています。
それが「VideoWarp」です。


EyeSee360 VideoWarp(US$499)
http://www.eyesee360.com/videowarp/


VideoWarp - Download
http://www.eyesee360.com/videowarp/download/

ボク自身が、Kaidan社の360OneVR(製造元はEyeSee360社)を持っていますし、現在はこれにフルHDビデオでMotionVR撮影を行っていますので、VideoWarpは深く付き合いのある"相棒"のようなソフトウェアです。

iMovieに非常に良く似た使いかっては、Macユーザーにとって非常に有り難いソフトと言えるでしょう。
また、多くのワンショットミラーの投影展開テンプレートを持つEyeSee360社の製品らしく、多くのメーカーの展開テンプレートセットが用意されています。
但しVideoWarpのプリセットテンプレートは全て天面設置の凸面鏡なので、天地逆についてる凸面レンズのbloggieの360パノラマレンズだと、天地逆に変換されてしまいます。なので、QuickTime7ProやAfterEffectsなどで天地方向に反転させてやる必要があります。
ワークフローは、以下の通りです。

  1. ソフトを起動して、新規プロジェクトを作るか、既存プロジェクトを開く。
  2. FinderからPhotoWarpプロジェクト画面に、ドーナツ映像ファイルをドラッグ&ドロップして読み込む。
  3. 使用している機材をプリセットから選択し、読み込んだ映像の内径/外径の微調整を行う。
  4. 全ての素材の調整が終わったら、タイムラインに調整したムービーファイルをドラッグ&ドロップして、並び替える。
  5. トランジションは簡単なものが設定できる。
  6. プロジェクトを保存する。
  7. 出力設定を各々決め、QuickTime互換のVideoWarpPlayerファイル(.vwmovie)に出力する。

これらの一連の作業は、以下のようになります。
要所にキャプションを入れていますので、ぜひフルスクリーンでご覧下さい。


これで出来た360°横長パノラマ映像が、YouTubeに上がっています。

さらに、VideoWarpPlayerフォーマットのファイルは、下記URLでダウンロードすることが出来ます。


bloggie 360VRデモサンプル
http://homepage.mac.com/qtvr_master/sample_vwmovie.zip
(41.3MB)

このように、専用ソフトを使うと、非常にキレイに仕上がります。
さすがQuickTime互換と言ったところでしょうか。
けれど、面倒ですよねぇ。しかもパノラマ屋以外には、全く無用の長物のようなソフトだし(泣

なので、もう少し便利な方法が無いものなのか...。ちょっと考えてみましょう。
というワケで、Part2に続きます。お楽しみに!



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。