本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


英国のTV番組がデモ制作したBattlefield 3シミュレータに360°パノラマ投影システム「Igloo Vision」が使用される

英国のTV番組「the Gadget Show」の24日放映回で、3DCGアクションゲーム「Battlefield 3」を仮想できるシミュレーターを制作及びレポートされたと、日本のサイト「PC Watch」で紹介されていました。

【やじうまPC Watch】英国のTV番組が究極のBattlefield 3シミュレータを制作~全方位ビジョンや移動検知システムなど総額5千万円の装置を利用
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20111025_486155.html

実際の番組は、YouTubeでご覧頂けます。17:36と少々長いですが、興味深い内容がテンコ盛りなので、どうぞジックリご覧下さい。

そして表題のトピックですが、1:28頃から1:52まで、水平360°パノラマ投影ドーム「Igroo Vision」の小サイズ「9m Igloo 360º cinemax」が紹介されています。

この投影システムに関しては、このブログでも以前ご紹介しているので、ご存知の方もいらっしゃいますよね。
但しこの投影システムが実際に映像で紹介されているのを見たことが無いので、非常に貴重なレビューだと思われます。

□ QTVR Diary : 2010/01/26 : プリマス大学が「IDA360」で展示するパノラマ素材を募集中(締切:2010年2月8日必着)

その他にもこの映像の中には、スウェーデン製のヴァーチャルウォークスルー体験フットローラー「Omni-Directional Treadmill and Motion Tracking」を始め様々な仮想体験を実現するための技術が盛り込まれており、3Dバトルアクションゲームの最先端を垣間見ることが出来ます。

これらの技術を導入すると機材総額は5千万円に達するということで、さすが予算が山盛りあるTV番組内の「企画」といったところですが、普通のゲームセンターどころか、大規模パビリオンでも実現不可能な施設になりそうです。
紹介元のページにも書いてありましたが、こんなことが気軽に導入出来るような時代が来るのでしょうか?技術やインフラは問題ないことが証明されたので、あとはソフトとニーズですね。コンテンツ制作者として、ボクらの役割も大きいような気がします。頑張りましょうね!


<今日のネタ元>
˙ʇɐlɟ ʇou sı ǝɟıl-ʎlıɐp



12/10(土) 18:00〜20:00 アップルストア銀座で、オフラインセミナーイベントを開催します。
入場無料・予約不要・入退場自由のお気楽イベントです。皆様のお越しをお待ちしております。



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。