本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


Triggertrap と Trigger Happy - iPhoneでDSLRを制御するアプリ&ケーブル2種

iPhoneでデジタル一眼レフカメラを制御する専用ケーブル&アプリは、昨年までは全く存在せず、何か良い方法がないものか、みんな躍起になっていました。
そこで一気に2種類のソリューションが登場しました。
まず最初は、既に販売されている「Triggertrap」から。


Triggertrap | Triggering your camera in all sorts of exciting ways
https://triggertrap.com/

オリジナルプロジェクトは、Kickstarterで昨年6月頃に始まり、1ヶ月程で目標の25,000ドルに到達し、最終的には898人の支援者から77,000ドル以上もの出資金を集めた「Triggertrap v1」です。
Triggertrap v1 | Triggertrap
https://triggertrap.com/products/triggertrap-v1/

Kickstarterのプロジェクトページはこちら。


Trigger Trap: The Universal Camera Trigger by Ziah Fogel & Haje Jan Kamps -- Kickstarter
http://www.kickstarter.com/projects/photocritic/trigger-trap-the-universal-camera-trigger

この派生製品として、「Triggertrap Shield for Arduino($49)」というArduino用コントロールボードと、これからご紹介するiPhone用コントローラーソリューション「Triggertrap Mobile」です。

こういうのって、何に便利かというと、やっぱり「タイムラプス(微速度撮影)」と「HDR(ハイダイナミックレンジ画像合成用撮影)」の2種の特殊映像/画像用データを撮影する為に使われるのが目的だったりします。必要なモノは、専用ドングルと専用アプリ。

ドングルはオフィシャルサイトから購入出来ます。

Triggertrap Mobile Dongle | Triggertrap
https://triggertrap.com/products/dongle/


ケーブルはカメラの機種によって、以下のバリエーションが揃っています。

そしてアプリは、有料と無料の2種が用意されています。


Triggertrap Free:無料


Triggertrap:850円

有料版はフル機能を、無料版は以下の3種のモードのみが動作します。

  • Timelapse:タイムラプス(微速度撮影)モード
  • Seismic:振動感知撮影モード
  • Cable Release:通常のケーブルレリーズ撮影モード(露出違いのブラケット撮影含む)

正直、この無料版で充分使えるような気がします...が、両方買いました。アプリは、ケーブルが接続されていないと起動しません。
ケーブルは2日前に支払い手続きをしたところなので、まだ手元に届いてません。

というワケで、届き次第、レビューしたいと思います。
その前に、オフィシャルサイトの利用説明ビデオをご覧下さい。

こちらのネタ元は「dpreview.com」から。
Triggertrap releases mobile app for iPhone-controlled cable release: Digital Photography Review




で、ボクがTriggertrapよりも前に知っていた、iPhoneでDSLR制御するソリューションは、こちらです。

Trigger Happy Camera Remote by Kevin Harrington -- Kickstarter
http://www.kickstarter.com/projects/1435018402/trigger-happy-camera-remote

こちらは上記のKickstarterプロジェクトが昨日で募集が締め切られ、25,000ドル目標が、3400人以上の支援者から何と20万ドル以上を集める巨大プロジェクトになっていました。

ケーブルは1本50ドルで支援募集していました。Triggertrapよりもちょっと高いですね。でもコレ、Androidアプリの開発も予定されていて、その元値も入っていると思えば、価格は順当かなと思います。

実はこのBACKで面白いのは「$135」のもの。何と3台同時撮影三分岐ケーブルが一緒に付いてくるんです。
3台一緒に撮影できるって...良いと思いません?

それで思い出すのは...コイツですよ、こいつ!


"MrotatorRPE" Mrotator One-Shot - agno's

高解像度パノラマVRコンテンツをワンショットで一気に撮影できる世界でほぼ唯一のマウントですね。
これと、三分岐ケーブルを付けて、この「Trigger Happy」を付けたら、とっても簡単にリモート撮影ソリューションが構築出来るはずです。いやぁ、カッコイイっすね〜。そういう現場を作ってみたいです。

ちなみに、ボクはこの三分岐ケーブル1セットを支援しました。いつ頃届くかなぁ?とっても楽しみです。
両方の比較レビューも出来ると思いますので、こちらもご期待下さい!



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。