本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


iPhone4/4S用パノラマVR撮影デバイス「Bubblescope」の日本国内販売が8月12日から開始!

どれだけ待たされたことでしょう!

イギリスの先進的で野心的なオモシロガジェット開発者 Tom Lawton氏が、水平360°円筒パノラマVR撮影用双曲面ミラーに魅せられて、ホビーユーザー向けのワンショットパノラマVR撮影デバイス「BubbleScope」のアイデアを発表したのが2007年。もう5年前になるんですよ(実はデザイン変遷は何と2001年から始まっています!)。勿論、このブログでも詳しくご紹介しています...ホント、詳しく、ネ!


■ QTVR Diary : 2007/07/02 : BubbleScope ... 超簡単パノラマ!
http://pencil-jp.net/weblog/archives/2007/07/bubblescope.html

それから4年半、今年に入って復活の兆しが見えていました。何とiPhone用デバイスとして復活しただけでなく、非常に意欲的なプロダクトとして、発表されています。
その紆余曲折も、このブログでご紹介していました。

□ QTVR Diary : 2012/01/13 : BubblePix&BubbleScope - 大本命とも言えるiPhone用モーションVR撮影ミラー
http://pencil-jp.net/weblog/archives/2012/01/BubblePix-Bubblescope-iPhone-Crowdfunder.html

そして、突然の発表で、本気で驚きました。何と日本国内の販売のアナウンスがあったのです。
輸入代理元は、多くの大真面目&面白パソコン周辺機器を輸入販売しているプリンストンテクノロジー株式会社。そのオフィシャルニュースリリースが、ボクの検索RSSに引っかかりました。その発表内容が、こちら。


iPhone 4S/4用 360°パノラマ撮影キット「bubblescope」(BUBSCOIP4S)新発売|新製品情報一覧|プリンストンテクノロジー
http://www.princeton.co.jp/information/2012/08/201208031100.html

青天の霹靂だったので、Tom本人にTwitterで質問してみました。

https://twitter.com/qtvr_master/status/231242706129661953

そしたらその直後に、Tomからすぐに返事が来て...ホンマやった、というお話。

https://twitter.com/tomlawton/status/231323238733606912

その後、様々なIT系情報メディアで取り上げられたので、ご存知の方も多いかと思います。
で、意外と語られていない、とっても大切な機能を、このブログならではの視点でご紹介したいと思います。

まず、パッケージから。

そして全体の雰囲気を、iPhoneに装着した時の表と裏から。


縦にも装着できるのです。
(斜めって書いてるところがあるんやけど、ホンマやろか?)


付属のソフトケースは非常にしっかりした作りのようです。デザインも良いですね。

...で、このデバイスの対抗馬は、やっぱり、『GoPano micro』と『Kogeto dot』ですね。


GoPano Store -- GoPano micro
(QTVR Diary掲載記事は、こちら


Welcome to Kogeto!
(QTVR Diary掲載記事は、こちら

前者はとってもイノベーティブなデバイスでした。誰も見た事の無い体験が出来るワクワク感で、各方面から絶賛されました。
しかしボクにはとっても中途半端なモノに見えます。何せ縦位置でしか撮れませんし、その間、iPhoneは手で握ったままになります...特殊な三脚を用意しないと固定撮影が出来ません。不便ですね。しかも、ミラーとiPhone用専用ケースとは軽い嵌め込み。それが余りにもヤワ過ぎて、車載撮影なんてことは絶対に出来ません。

後者はレンズで出来ていることから、非常に画質が良いのが売りですが、如何せん撮影できる画角がとても狭いです。本当に狭いです。さらに致命的なのは、撮影時にiPhoneの画面が見られないこと。まぁ、見られないのは良いです。でもね、撮影開始と撮影終了時は、間違いなくiPhoneをひっくり返さないと画面が見えないでしょ。このひっくり返す動作も、映像の中にしっかり収められるワケでして、結局は大容量ファイルを編集するハメに。面倒くさいったらありゃしない。

その問題点をクリアしたのが、Bubblescopeです。
何せ、ミラー部が支えの役割を果たすので、iPhoneが自立するのですヨ。これをどれだけみんな待ち望んでいたか!
さらに専用ケースとミラー部の装着は"切り欠き回転嵌め込み"式なので、しっかりと固定できるのだと思います。歩きながらとか、車の中からとか、そういう振動対策もバッチリに見えます。
そして勿論、iPhoneの画面を見ながら撮影が出来るので、とっても撮影時のコミュニケーションも楽しくなる事請け合いです。

さぁ、イイとこ尽くめのBubblescopeですが、お値段が、ちょっと張って9,800円。ま、そんなもんかな、って感じですね。上記2機種に比べたら、若干高めなのは仕方ないかなぁ...どうかなぁ...。一応、オープンプライスなので、利益無視の超割引価格とかを、どこかがやっちまいそうな感じもします。

それ程までに、充分手に入れる価値がある"ガジェット"だと思います。
ボクは残念ながら、クラウドファンドサイト「Cloudfunder」での出資が間に合わなかったこともあり、実機はまだ入手してません...ってか、さっき『プリンストンダイレクト』で購入手続きをしたばかりです。

【予約】★8月下旬発売★ iPhone 4S/4用 360度パノラマ撮影キット bubblescope 『BUBSCOIP4S』 | デジタルオーディオ > アクセサリ(タッチペン・ケース) | メモリ・PC周辺機器・iPod関連製品のメーカー直営通販サイト | プリンストンダイレクト

さぁ、皆さんもぜひ、この夢のようなオモチャを入手して、一緒にパノラマで遊びましょう!

で、iPhoneで使うってことは、専用アプリも入れておかないとイケマセン。こちらは無料でいつでもダウンロードできます。ぜひこちらからどうぞ。


■ iTunes AppStore : BubblePix (無料)

そして最後に、オフィシャルの利用法ビデオがリリースされていますので、こちらをご覧になって、使う時の予習をしておきましょう。
また、パノラマでワクワクする時間が増えますね!



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。