本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


Bubblescope - iPhone4/4S用モーションVRデバイス3種を比較してみよう!

今週始めの記事で宣言した「iPhone4/4S用モーションVRデバイス3種を比較してみよう!」ですが、発売順にご紹介していくことにしますね。


(クリックしたら拡大します)

一昨日の「GoPano micro」、昨日の「kogeto dot」に続く本日は、「Bubblescope」です。

■ Bubblescope 9,800円(オフィシャルサイト日本国内販売サイト

・専用iOSアプリ:BubblePix 無料 BubblePix - BubblePix Ltd

英国の発明家TOM LAWTON氏が満を持して世に送り出した、万人向けのモーションVRデバイス。ワンショットミラーを使ったエンドユーザー向けのパノラマ撮影デバイスの構想は何と2002年からというから、その発想は"早すぎた"とも言えるもの。当初は専用ガジェットの開発をしていたようですが、そうこうしているウチに世界中でiPhoneが席巻し、こいつ用のコンバージョンミラーに再設計して今に至ります。GoPano microやkogeto dotから約1年遅れてリリースされたことから、そのアイデアは非常に練られたものです。自立しますし、位置も縦横の両方に対応します。プッシュラッチでの開閉はもとより、使わない時のラバーバンドシーリングも交換が持てます。

<サンプル動画(再生中に左右にグリグリ動かせます!>

ボクが九州に行ってる時に自宅に届いたホヤホヤのデバイスなので、使い始めてまだ数回しか経っていません。従って画角などの数字はまだ測定してないことを予めご了承ください。
で、撮ってみたんですが、ちょっぴり狭めの画角ですね。GoPano microよりは明らかに狭いです。ま、その辺は形状からくる問題もあるので、仕方ないのかも、ですね。画質はミラーの表面加工の質でもあるのですが、まぁまぁと言ったところでしょうか。何より、iPhone横位置での撮影時に自立させて撮影時に確認できるのは、GoPano micro にも kogeto dot にも無かった大きなアドバンテージ。机上据え置き撮影が出来るのは、長時間撮影にも手振れを気にすること無く撮れるので、実はとっても楽チンです。

でも、残念な点が無いわけではありません。まず、ケースが安っぽい!これ、なんとかして欲しかったなぁ。だって、撮ってない時の方が圧倒的に長いワケでしょ。そういう時に"ケースとして"良いものかどうかは、実はとっても大切なんじゃないかなと思う訳です。その意味では、GoPano microは本当に素晴らしい専用iPhoneケースを作ってくれています。有り難いです。市場に出回っているどんなケースよりも、GoPano microのケースの方が良いです。装着しやすくて外しやすくて、滑りにくくて、手に馴染む。必要最小限ながら最高の機能を持ったケースです。それに比べればBubblescopeのケースは、お世辞にも褒められたもんじゃありません。一度嵌めたら最後、外すのがかなり面倒。ちょっとコツが要ります。それにかなり滑ります。普段のケースとして、余り使いたくないなぁ。
他にもあります。コイツ、ミラー部は取り外しが出来て別の専用ケースに入れられます。これはとってもよく出来ていて好感が持てるんですが、ケースに入れる時に、シーリング用のラバーバンドがズレて外れるんですよねぇ。いちいち気を使っていれないとイケナイので、とっても面倒です。でもミラー部を付けたままiPhoneを触るのは、本当にジャマ。
さらに...。撮影に使用する専用アプリはとっても良くできていて、モーションVRの楽しさを十分に堪能できます。その面白さをシェアするためのSNSの使い方も分かりやすくて、なかなかやるなぁって感じです。設定するところが少なくて、利用がシンプルなのも万人向けって感じですね。しかし、その再生は...iPhone上では専用アプリで閲覧できますが、PCブラウザ上ではFlashで動作するプレイヤーが実行されます。これが上記のサンプル動画です。いかがですか?重くないですか?今週紹介してきた前2つのデバイスとは圧倒的な差があります。う〜ん、なんとかして欲しいなぁ(このプレイヤー、どこかで見たこと、ありますよねぇ...)。

というワケで、なかなか問題点もいっぱい見えるデバイスですが、その設計思想はとっても健全で、しかも目標としている場所は非常に高く、今後のブラッシュアップも期待したいところです。開発者のTom Lawton氏はとってもフランクで、ユーザーのフィードバックに非常にまじめに応えてくれます。ボクも古くから親しくさせて頂いてますが、TwitterでiPhone5用ケースの話の開発状況を聞いたところ、既に試作品が出来上がっているとのこと。近々リリースのアナウンスをするそうですよ。それも楽しみですね。
人間的にはとっても信用できるTomなので、今後もシッカリとしたアップグレードをしたいところです。頑張って下さいね〜!



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。