本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


VR Player - Oculus Rift でパノラマコンテンツを閲覧できるユーティリティ

みなさん「Oculus Rift(オーキュラス リフト)」ってご存知ですか?
昨年の夏にKickstarterでプロジェクトが立ち上がるや否や、数日で100万ドル以上を獲得した化物ガジェットです。中身は汎用三次元ヘッドマウントディスプレイ(HMD)なのですが、その価格が異様なまでに安いのです。現在、開発キット付きの現物がプレリリース版として販売されてますが、たったの300ドルぽっきり。今まで、こんなに安い没入型HMDがあったでしょうか!

Oculus Rift - Virtual Reality Headset for 3D Gaming | Oculus VR
http://www.oculusvr.com

Oculus Rift VR Headset • The Future of Virtual Reality Gaming
http://oculusrift.com

Kickstarterのプロモーションビデオのインパクトが凄くて、時代とうまくマッチングすると、こんなに世界を動かすことが出来るんだなぁと思い知らされたものです。VRもなかなか捨てたもんじゃないですヨ(笑)

このガジェットの素晴らしいところは、没入型コンテンツ...と言いますから、ウォークスルー型のアクションゲームやロールプレイングゲームとしての360x180°全方位コンテンツに対して、より臨場感を与える為に、両目間の視差や全方位的な周囲の歪みなどをリアルタムでモニタに投影していきます。なのでこのガジェットは、様々なゲーム機器やPCのモニター出力から出て来る映像を変換するためのコンバーターもセットになっているのです。

日本でも特に3D界隈の方達がこぞってテスターユーザーになって、ガンガン開発を行っています。ボクの周りでも(といっても東京の連中ばかりですが)何人も買っていて、みんな絶賛しています。個人レベルでこんなものを買えるようになった時代そのものに、みんな感謝してる雰囲気です...有り難い世の中ですよ、全く!

そして彼らがボクに言うのは「ニノミヤさん、絶対にやったらイイよ、コレ!日本でも来るよ、絶対!」とのこと。で、何が便利かって、Unityとの親和性が非常に高いんです。

...って「Unity」ってご存知ですか?実はこのブログでは大昔にチョコっとだけ触れたことがあったんですが、俗にいう3Dゲーム開発環境(ソフトウェア)です。

Unity - Game Engine
http://japan.unity3d.com

近年日本でも脚光を浴びている、一般向け3DCGゲームエンジンの草分け的存在です。このソフトが起爆剤となって、他の3Dゲームエンジン開発会社も一般ユーザー向け開発環境を発売するようになった程、この業界を作り上げた功績は計り知れません。
とりわけ、iOSアプリへの変換にどこよりも早く着手したことが、業績の好調に繋がったことは業界では知られているところです。

あの当時は、iOSでパノラマVRプレイヤーを開発しようしたら、OpenGLでガリガリとフルスクラッチでXcodeに書くしか方法が無かった時代です。そこに現れたiOS用の3DCG空間構築環境が登場したのです。要は、3DCGの背景として360x180°全方位パノラマ画像を貼付けて、その中心にカメラを置き、そのカメラ位置1点から周囲をグルグル見渡すように視点を移動できるようにすれば、それでシンプルなパノラマVRプレイヤーの完成です。それが何のコマンドもスクリプトも書く必要も無く、GUI環境下で直感的に構築することが出来るなんて(実際のところは、そんなに簡単でも無いんですが)、こんな有り難いことは無いでしょう。特にボクらのようなコンテンツ制作者にとっては、出来ることなら"開発"と名の付く作業は避けたいところ。Unityは降って湧いたようなソフトウェアでした。

前置きが長くなってしまいましたね(ゴメンナサイ。だって、ボク自身もUnityへの思い入れは、人一倍大きいもので!)。
そんなUnityとOculusは、とっても相性が良いです。だって、Oculusは元々ゲーム用デバイスで、最初からUnity用の変換ライブラリを持っているのです。そりゃ、折角Unityで作った自作のゲーム空間なら、こんなガジェットで見たら、迫力ありすぎて、感動してしまうでしょうね!


さて、ココからが本題です。
今日はいつも以上に、前置きが長いなぁ(前置きの前置き、もあったし)。

没入型コンテンツといえば、ボクらパノラマ屋のコンテンツは、全てそうだと断言しても良いでしょう。
だとしたら、この元々PC用に作られた、大量のパノラマVRコンテンツをOculusで閲覧するコントローラーがあればイイのですよね。

それを作った人をOculusの掲示板に載っているのを、今日初めて見つけました...遅くなってごめんなさい。

VR Player | Works in Progress | Oculus Rift Developer Forums
https://developer.oculusvr.com/forums/viewtopic.php?f=29&t=112


VR Player - Home
http://vrplayer.codeplex.com

今日の時点での最新版は、6月9日にアップデートされた「VR Player 0.3.1 ALPHA」です。まだ開発途中のα版であることを認識した上で使用してみて下さいね。何かシステム的におかしくなっても、保証しませんよ。まだ500ダウンロードもされてないので、これから爆発的に"何か"ありそうな感じがしないでもない...そんな雰囲気を持っているユーティリティです。

デモ映像がYouTubeに上がっていましたので、ご覧下さい。

いやぁ、すっごいっすね〜。
やっぱり、欲しくなって来た。

実はこのユーティリティは、Oculusだけじゃなく、WiiやKinect、果てはLeapmotionまでサポートしてるそうです。
実際にウチでも今、kinectとLeapmotionのパノラマVRプレイヤーを開発中なんですが、コイツが良ければ、こっちにしそうな勢いです。実際のところは未だ使ってません。どなたか、使ったことがある方は、TwitterかFacebookでご感想を聞かせてもらえると、嬉しいです。どうぞよろしうに!(笑)

ちなみに、OculusとLeapmotionでGoogleEarthを見てるYouTube映像は、こちら!

さらに、Skyrimを、OculusとKinectで見てるYouTube映像は、こちら!

ほら、欲しくなってきません?



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。