本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


LGの21:9ウルトラワイドモニターにThunderboltポート対応機種が登場

韓国LG社は、以前から21:9というパノラマサイズとも呼べる超ウルトラワイドモニターを製造販売しています。
ボクらパノラマ屋にとっては、展示会の時には、ただ映し出すだけでパノラマ感が出せるので、非常に重宝します。
従来モデルは、入力ポートがDVI-DとHDMI、そしてDisplayポートだけでしたが、今回新たにThunderboltポート対応機種が登場しました。


LG 21:9ウルトラワイドIPS液晶モニター 34UM95-P | LGエレクトロニクス・ジャパン
http://www.lg.com/jp/monitor/lg-34UM95-P

解像度が『3,440×1,440px』ということなので、16:9の27インチモニタの解像度「2,560x1,440px」の横に33%伸ばした形状になります。
HDMI及びThunderbolt接続だと24bitカラー表示ですが、DisplayPort接続だとRGB各色10bit表示(約10億7千万色)が可能になります。

筐体寸法はスタンド無しで829.9×48.5×379.6cm。重量はスタンド無しで約6.7kg。
スタンドは標準で装着されていますが、背面に□10cmのVESAマウントのネジ穴が開けられていますので、アーム装着や壁掛けなども可能ですし、複数台配置時の固定にも便利です。

値段はそんなに安くも無いですが、昨今の大画面4Kモニターに比べたら、結構手が届く感じですね。

Thunderboltポートが現時点ではほぼMacしか利用されていないことから、やはりお値段はかなり高めですね。
でも、ケーブル周りがスッキリしたり、デイジーチェーンが効いたりと、それなりに便利なことも多いThunderboltポートです。
Mac使いで、多くのThunderbolt周辺機器を既に幾つも揃えてる、プロフェッショナルな方には、もってこいなんちゃうかなと思います。

ボクですか?めっちゃ欲しいです、ハイ。LeapMotionのデモ用に、イイんちゃうかな、と思ったりしてます。

でもなぁ...先日、展示会用にiiyamaの27インチタッチディスプレイモニター「ProLite T2735MSC」を買ったばかりなので...。ちょいと悩み中。


〈ネタ元〉
LGエレクトロニクス・ジャパン、Thunderboltポート搭載34インチウルトラワイド液晶モニタ「34UM95-P」を発売開始 | ハードウェア | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。