本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


今週のモーションVR:Hello, New World. warp cube

今年の夏の終わり、8月28・29・30日の3日間、東京ミッドタウンで開催されたauのイベント「Hello, New World. warp cube」は、日本のパノラマVR業界とドローン業界とプロジェクション業界の精鋭が集まって出来上がったトンデモなアトラクションってことで、いろんなメディアで紹介されていました。

告知系がコチラ。

五感を揺さぶる新体験を、すべての人に。世界の絶景を飛び回る、新体験空間が待っています。Hello, New World. warp cube|KDDI株式会社のプレスリリース
au、巨大キューブの中で世界の絶景を楽しめる「Hello, New World. warp cube」を東京・六本木で開催 8月28日~30日の3日間限定 - トラベル Watch
約10分間のすんごい360度バーチャルトリップ。世界の絶景をワープする「warp cube」が体験できるよ : ギズモード・ジャパン

そして体験レポートは、こちらのメディアで!

東京ミッドタウンで3日間限定:世界の絶景を、10分間で――KDDI、スペシャルイベント「Hello, New World. warp cube」を開催 - ITmedia Mobile
ASCII.jp:ドローン空撮で世界を飛び回る! auの「Hello, New World. warp cube」体験がスゴい (1/2)
【全天球写真つきレポ】世界中の絶景を360度で楽しめるKDDI『warp cube』を体験してきた | MoguraVR

こういう展示イベントでは、公開が終わるとそのコンテンツが見れなくなって寂しい思いをするものですが、閉展直後から、YouTubeに同じコンテンツが公開されていました。

そして、ほぼ同時期に、オフィシャルサイトにインタラクティブ機能が実装されたコンテンツとして再登場しています。これが非常に秀逸でした。


Hello, New World. | au
http://www.au.kddi.com/hello/

WebGLをふんだんに使った、素晴らしいインタラクションです。

よく仕上がっているのは、そのメニュー。
今回の映像に使われた計10箇所の映像が、ノンリニアに選択することが可能です。非常に素晴らしいインタラクティブなUIです。

さらに、ブラウザが背面に行って非アクティブになってる時は、自動的に一時停止され、画面をクリックすると再開されるという凝り様です。

このUIの開発だけで、どれだけの制作費がかかってるのか、想像するだに恐ろしいまでものクリエイションです。

これほどの体験が、最近はやりのHMDではなく、巨大なLEDパネルで壁の5面を貼り占められた巨大な部屋の中で提供されたことです。誰もがやりたくてやりたくて仕方がなかったソリューションが、ここに結実したのが本当に嬉しいです。それも、日本人がやり遂げたのが、本当に嬉しいです。

世界に向けて、もっともっとアピールしても良い出来です。
どうせなら、世界ツアーをして欲しいなぁと思ったりします。ダメかなぁ?

あまりに大掛かりな施設なので、移動媒体としては難しいかもしれませんが、せめて日本ツアーをして欲しいと、日々思いが募ります。誰か、大きくプッシュして欲しいです。


ところでGizmodoでは、メイキング映像を独占入手していました。苦労が偲ばれます。
上記のGizmodoのリンクから飛ぶページの最下段に載ってます。限定公開コンテンツなので、敢えてこのページには埋め込みませんので、ぜひリンク先でご覧ください。



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。