本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


リコーが「RICOH THETAプラグイン パートナープログラム」を発表


昨秋に発売が始まったリコーの最新型の360x180°全方位パノラマカメラ「THETA V」、皆さん、もう使われてますか?

オプションパーツもなかなかの充実っぷりで、売り上げも順調そうです。

そんなTHETA Vですが、中身の頭脳部分がAndroid OSだってこと、皆さんご存じでしたか?
製品開発が非常に楽になっただけでなく、ユーザーのカスタマイズが可能になるかも、という噂が発売当初からありました。そしてそれがいよいよ現実のモノとなったのです。

それが、去る2018年1月9日に発表された、「RICOH THETAプラグイン パートナープログラム」です。


RICOH THETA プラグイン パートナープログラムを今春開始 | リコー
http://jp.ricoh.com/release/2018/0109_1.html

既にデフォルトプラグインとして、THETA Vで撮影した映像データをテレビモニターに映し出せる「リモート再生」が実装されていますが、これは今回発表になったAPI/SDKをベースに開発されたのだそうです。

実際の構成図は、以下の通りです。

パートナープログラムに参加した開発者は、リコーから様々なサポートを受けることが可能になります。
上の図からは、API/SDKだけでなく、開発者コミュニティページへの参加やリコーへの電話サポートも受けられるように見受けられます。

非常に興味深いプログラムです。ボクも参加してみたくなりまいた。

昨日アメリカで開催された世界最大の家電見本市「CES (Consumer Electronics Show)」で、これを大々的に発表した展示を行い、会場ではデモも行っていました。その模様はTwitterでも大きく拡散されていました。


さらにリコーは、THETA Vの開発ロードマップを公開し、サードパーティーの開発者にTHETA Vの無限の可能性を引き出させるバックアップ体制を整備しています。

RICOH THETA V 拡張ロードマップ | RICOH THETA

この表には本体やスマホアプリのアップデートの他、THETA Vの拡張プラグインの順次リリース時期も、明記されています。ここまで明確に開発スケジュールを公開しているプロダクトも珍しいですよね。まさにSNS時代といわれる現代の情報流通に則った潔い指針は、まさに経営上層部の本気の表れなのでしょうか?それとも現場の発憤のご褒美なのでしょうか?


THETAを開発するに当たってのリコーの目的は最初から「全方位VRコンテンツの文化を創造する」ことを念頭に置いてました。それは開発初期の頃からボクもさんざん聞かされていたので、当初は疑心暗鬼でしたが、未だにそれが守られ、より健全な文化形成を育成するような方針で活動しているリコーの姿勢は、本当に頭が下がります。素晴らしい活動です。

その開発思想そのものが詰まったTHETAの本気っぷりや健全性は、THETAそのものの佇まいに現れているとボクは受け止めています。改めて、このTHETAシリーズは、素晴らしいプロダクトだと思います。
ずっとずっとこの先も、THETAが作られ続けることを、切に願います。

そして、ボクも、出来ればTHETA Vのアプリ開発に手を付けてみたいなぁ、と心に誓う次第です。


〈参考サイト〉
「RICOH THETAプラグイン パートナープログラム」が今春開始 - デジカメ Watch



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。