本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


CerevoがRicoh Rを使った360x180°全方位ライブ配信パッケージを発売

先月発売された、リコーの全方位カメラシリーズのフラッグシップモデル「Z1」ですが、ボクも予約購入して、色々と撮っています。条件が厳しい撮影を幾つもしていますが、今のところ、それなりに満足いく写真が幾つか撮れていて、それこそ15年前に「魚眼レンズ+デジタル一眼レフカメラ+パノラマ撮影専用回転雲台」で撮っていた解像度&画質とほぼ同様の品質の全方位パノラマ写真が、ボタン一発で撮れるのは、なんだか有難いやら寂しいやら、ちょっぴり複雑な思いです。

そして、先週開催したイベントのライブ配信も、そのTHETA Z1のワイヤレスライブストリーミング機能で配信しました。しかし元々長時間の撮影には向かないカメラなので、給電しながらの配信は発熱が酷く、30分を超えたぐらいで熱暴走につき強制停止するハメになっています。(解消策として「スマホクーラー 400-CLN027」のようなペルチェ素子式冷却器を使った強制冷却を考えています。GearVRの冷却にも効きそうですし!)

THETAは元々が長時間利用を想定していないので、そこを考慮に入れた製品を、実はリコーは製品化しています。「RICOH R Development Kit」と言います。THETAと同じような形ですが、名前に「THETA」の名称が使われていません。そこにリコーの本気を感じます。そして注意したいのは、この製品、今年の4月22日で販売を終了しています。とってもひっそりと終わったので、ご存じない方も多いかと思います。

RICOH R Development Kit 販売終了のお知らせ

ただしこのニュースリリースにもあるように、Cerevo社のサイトでは'しばらくは'販売が継続されるという旨のコメントがありました。
そんな中で、Cerevoは、自社の簡単ライブ配信パッケージ「LiveShell X」にこのRicoh Rをバンドルした「360度ライブ配信&録画スターターセット」を発売開始しました。


RICOH R+LiveShell X 360°ライブ配信で臨場感をそのままシェア。シンプル設定で複数の配信チャネルに安定配信!
https://liveshell.cerevo.com/ja/360/

オフィシャルの販売サイトでは、135,000円(税抜)で販売されています。
360°ライブ配信&録画スターターセット - Cerevo official store


LeveShell Xと言えば、PC不要でフルHDのライブ配信が簡単に実現できるお手軽機器です。SDカードへの同時録画機能も搭載されてますので、アーカイブのローカル保存も簡単に行えます。

Ricoh Rは1920x960pxの2K配信なので画質はそこまで期待は出来ませんが、ボディ全体を覆うフィンによる長時間使用に耐えうる放熱対策の実現で、24時間以上の連続配信が可能になっています。

LiveShell XとRicoh Rを組み合わせて、キャリングケースやマニュアル、必要ケーブル群もパッケージに含まれていますので、あとは回線に接続さえすれば、誰でも簡単に全方位ライブ配信が可能になります。

ボクはやっぱりTHETA Z1による4Kライブ配信の実現に向けて、もう少し勉強してみようと思っていますが、以前にLiveShellXの導入を考えたこともあり、かなり興味があります。ボク自身は同じCerevoのデジタル一眼レフカメラ用スマホコントロールデバイス「SmartTrigger」を、発売前のクラウドファンド時代から愛用していることもあり、この会社そのものに非常に愛着があります。

360x180°全方位VRライブ配信に興味がある方は、選択肢として、このパッケージは考慮に入れても良いと思いますよ!


〈ネタ元〉
360度映像の長時間録画/配信スターターセットが入荷、店頭デモもあり - AKIBA PC Hotline!


PanoramaniaInc.と渡邊課の共同開催イベントが、毎月開催されています。
Panoramania Inc.主催の京都会場は、6月から毎月第3水曜日に全6回、渡邊課主催の東京会場は、京都の2週間遅れの7月から毎月第1水曜日に全6回、開催されます。
長編VR映画の演出について考える勉強会です。毎回1つの無料作品と1つの有料作品を課題として提示し、予め視聴しておいてもらって、その作品たちから、長編VR映画ならではの演出や技法について検証しようというモノです。無料イベントですので(東京は投げ銭システムです)、ぜひ奮ってご参加ください。

参加ご希望の方は、座席の関係で登録制となっていますので、まずは下記のバナーのリンク先の応募フォームに登録をお願いします。



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。