本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


Liquid Cinema - VR映画に特化した第3世代実写VRオーサリングスイーツ

360x180°全方位実写VR映像制作に於いて、第1世代と言える「Autopano Video」「Video Stitch」は共に開発団体が無くなってしまいました。
第2世代とボクが呼ぶ「Cara VR」「Mistika VR」「StereoStitch」は、今年に入ってますます活況を呈しています。現時点でのVRオーサリングツールといえば、この3つのうちのどれかだと思います。
Insta360KanDaoが共にリリースしている自社カメラ専用オーサリングソフトは、除いていますよ。)

そしていよいよ第3世代とも言えるソフトの登場です。
なぜ新しい世代と言えるのか。それはまさに、VR映像を「映画」作品として作るために必要な機能が大量に搭載された、従来のソフトウェアとは一線を画する「創り上げる」オーサリングツールと呼ぶに相応しいからです。

それが今回ご紹介する「Liquid Cinema(リキッドシネマ)」です。


Liquid Cinema
https://liquidcinemavr.com/

価格プランは、以下の通りです。

Pricing - Liquid Cinema

エンタープライズ版

  • オーサリングツールのみ:1ライセンス当たり、$800/1年
  • ホワイトラベルアプリ開発版:1プラットフォーム当たり、&10,000/1年
  • カスタムアプリ開発版:要見積

個人および小規模事業者版

  • サブスクリプション:$49/月額〜(オーサリングツールライセンス含む)

このソフトの特徴は、撮影〜スティッチ〜編集までは、別のソフトで行います。どちらかというと、ここまででVR映像フッテージを用意する感じになります。
特に、Adobe Premire Proとの連携は非常にスムーズで、まるで同じソフト内で作っているかのようです。

「Liquid Cinema」を使用するのはここからです。
PCディスプレイやスマホやタブレット端末などのフラットスクリーンで視聴するのか、それともHMDで視聴するのか、どちらかを決め、リニアムービーにするのか、クリック遷移のインタラクティブムービーにするのかを決め、さらに様々な修正やエフェクトやカット割りを決めて、最終出力フォーマットを決めてそれぞれのコンテンツを決めることになります。

「Liquid Cinema」の凄いところは、サポートしている出力フォーマットの圧倒的な幅広さです。
Webコンテンツは言うに及ばず、iOS/Androidのスマホアプリ、Oculus/VIVEの2大HMDメーカー、果てはTVまで、エゲつない程のカバー力です。
ボタンを配置してコンテンツを分岐させることなどお手のモノのオーサリング力を余すこと無く、インタラクティブUIを駆使したVRソリューションに対応させることが出来ます。

そしてこのソフトが「VR映画」に特化していると呼ぶに相応しいのが、「キャプションの多言語化」が非常に容易に構築出来ることです。
業界標準の字幕ファイルフォーマット「.srt(SubRip - Wikipedia)」で字幕ファイルを作成しておき、それをドラッグ&ドロップするだけで、字幕を簡単に配置することが可能です。もちろん、字幕の位置や書体の変更、ヘッドトラックの可/不可の指定も可能です。さらに複数言語の字幕を読み込んでおくことで、言語選択で簡単に多言語実装が可能になります。

LIQUID CINEMA OVERVIEW from Liquid Cinema Inc. on Vimeo.

国際的に見てもVR映画の流行は静かに始まっていると言えるまさに今、このソフトの役割は非常に大きいと思います。
VR映画を作る全ての人が、「VRカメラ撮影→スティッチャー→VR映像編集」の後のフィニッシュワークフローにこの「Liquid Cinema」を入れるのは、必然だと思います。

ボクも導入検討してみようと思います。
ぜひ期待して下さい!



いよいよ来週に迫ってきましたよ!
京都会場の第2回目が開催されます。
ぜひ皆さんも、ご参加ください。京都は参加者全員の意見を積極的に聞きますからね〜!

協賛や後援も続々と決まってきました。本当に有難いです。明日、詳細をお届けできると思います。
ぜひご期待下さい!



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。