本ブログの前身である「QTVR Diary」は、世界でも類を見ないパノラマ関連情報専門ブログとして、リソースの少ない日本だけでなく海外からも注目を浴び、国内外のメーカーからの情報やソリューションサンプルの提供を受け、パノラマ業界の専門情報をどこよりも早くお届けしていました。

今後ますます増え続けるパノラマのニーズに対応すべく、多くの方々にパノラマを楽しんで頂けるよう、様々な情報を今まで以上に発信してまいります。本ブログも引き続き、ご期待ください!


応募締切間際!第10回EPSON国際パノラマ写真賞が今年も開催

今年もこの季節がやって参りました。

今年で10回目となる、EPSONオーストラリア法人が主催する「EPSON国際パノラマ写真賞(The 10th EPSON International Pano Awards)」が開催されます。
エントリー期日はあと4日。手持ちの作品を今週末にもう一度見直してみて、ぜひ投稿してみては如何ですか?


The EPSON International Pano Awards - Panoramic Photography Awards 2019
https://thepanoawards.com/

募集要項は、以下の通りです。

◆ 応募締め切り:UTC 11で2019年7月8日00時00分(日本時間で7月8日00時00分)

◆ 表彰部門
  • オープン賞
  • アマチュア賞
  • VR/360賞
◆ 作品規定サイズ
  • オープン&アマチュア賞:長辺3,000px(固定) x 短辺1,500px(最大)
  • VR/360賞:長辺6,144px(固定) x 短辺3,072px(固定)
◆ エントリー費用
  • オープン賞:1画像あたりUS$22.00(応募数は無制限)
  • アマチュア賞:1画像あたりUS$18.00(応募数は無制限)
  • VR/360賞:1画像あたりUS$18.00(応募数は無制限)
支払いは、クレジットカードまたはPayPal

メニュー「MEDIA & GALLERIES」には、過去9回分の受賞作品を見ることが出来ます。
どれも芸術性溢れる作品ばかりで、時間を忘れて見入ってしまいます。

このクオリティの作品を撮ろうとするなら、機材やロケーションの選定や現像スキル、果てはその状況に出会う運までも手に入れることが出来る、努力と忍耐が必要になってきます。単に技術だけ/運だけ/我慢だけに頼るのではなく、全てを総合的に加味して創り上げる総合芸術なんだなあ、と思うワケです。

その上で、縦横比1:2以上でパノラミックな雰囲気に相応しい作品でなくてはならないので、本当に大変です。アタマの中は四六時中パノラマのコトばかり考えてないと、そんな被写体やトリミングには出会えません。

来年のことを考えて、今から撮影計画を立てるのも良いきっかけかもしれません。
ぜひこのサイトをひと通り眺めてみて下さい。素晴らしい作品に触発されて、自分の向上心にひと役かってくれるかもしれませんよ!



記事内検索
月別記事リスト
RSS
株式会社パノラマニア
〒602−8233
京都市上京区葭屋町通中立売上ル福大明神町128番地
京都リサーチパーク町家スタジオ
電話: 075-417-3062
FAX: 075-417-3063
JR京都線「京都」駅から市バス50系統・9系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
阪急京都線「烏丸」駅から市バス12系統「堀川中立売」バス停下車。徒歩1分。
京阪本線「出町柳」駅から市バス201系統・203系統「堀川今出川」下車。徒歩10分。
京都市営地下鉄「今出川」駅下車、徒歩20分。